lulanaのお気軽さんぽ

Lulanaのお気軽写真付き日記

--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメント投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

05
19

ビューエルXB プラグ交換

近頃 暖気のときにミスファイヤを実感
Lulanaビューエルの走行距離が現在14000km程 
マニュアルでは16000kmで交換メンテ そろそろプラグの交換時期かなとおもい
この際早めにプラグを交換して様子を見ることにしました

普通に交換しても面白く無いので 人柱もかねてイリジウムプラグへチャレンジ

NGKプラグだとビューエルに使える型番は:DCR8EIX


では 早速交換してみましょう  (^_^)/

まずは必要な工具を準備
ユニバーサルプラグレンチ 16mm二輪用
トルクス T-27
スパナ16mm
そして 今回のビューエルプラグ交換でなくてはならないのが 
先の長い変わったペンチ

lulanaIMG_3766.jpg
ナンカイ製のプラグレンチ着脱式+脱落防止マグネット付き 
値段も900円程で今回バッチリ使えました!

lulanaIMG_3775.jpg
カウルをハズすのに必要です

lulanaIMG_3762.jpg
↑ これが無いと 手の入らないプラグを取り外しに苦労します
この輪っかを使ってリア側のプラグ取り外しとプラグカバー取り付けを行いました
先っちょが輪っかになっているのがとても使い良いです オススメ


工具がそろった時点で作業開始!

まず最初はタンクカバーとシートそして
前側の黒いエアー取り入れカウルも外します

前側のプラグは向かって右側のエアー取り込み口を外しての交換です
リアのヘッドに空気取り込んでいる大きい方のカウルがそうですが
T-27を使って3つのネジをつかってカウルを外します
するとケーブルにぶら下がるように取り外しできました

lulanaIMG_3768.jpg

ケーブルがナイロンバンドでカウルに固定されていて 
スキマが狭く手が入りません 前側も思いのほかプラグ交換が難そうです
バンド固定を前側一つだけペンチでつぶしてカウルから取り外します(また戻せる)
これでなんとか交換作業用スペース確保出来ました

lulanaIMG_3774.jpg

スパナ16mmでゆっくりとプラグを外します
手で回すには渋くて ほぼ最後までスパナでの取り外し

lulanaIMG_3778.jpg

前側が取り外し完了して今度はリア側です
このリア側は他のビューエルオーナーサイトでも鬼門としている程で
アメリカ製とは思えない程での小さい作業スペース
Lulanaの小さい手でもこのスキマには入りません (≧∇≦)
やはりプラグ交換には ユニバーサルプラグレンチが絶対必要です
今回のために購入していてよかったと思います
では早速チャレンジ!

lulanaIMG_3782.jpg

非常に作業性が悪いです......
ネジ山をなめないようにゆっくりと 前後に揺さぶりながら←大切 回します

確認最初に力加減が分からなくて プラグホースを引き抜いてしまい焦りました
前後が短いため 抜くのは良いのですがはめる際が地獄です
例のオレンジ色の特殊な輪っかペンチがとても役に立ちました
なかったら交換は無理だったハズ

lulanaIMG_3748.jpg
lulanaIMG_3762.jpg
↑ビューエルXBプラグ交換には必須の道具 (≧∇≦)/

たかがプラグ交換ですが
ビューエルXBにとってはオイル交換以上に敷居は高そうです
プラグの焼け具合をみてみようか~なんて気楽に言えるものではないですね

それでは気になっていた 取り外したプラグの焼け具合を見てみます

lulanaIMG_3786.jpg

意外にも見た目同じ焼け具合 (^_^)/

後ろのヘッドの方が熱は厳しくて焼けているだろうと思っていましたが
前後共に同じように焼けていたので驚きました
少しだけかぶり気味にも見えましたが3000回転程しか上げない走りで
これならば全くOKです! (^_^)/ 勿論まだまだ余裕 上も回せますヨ~

lulanaIMG_3785.jpg

後はイリジウムプラグに前後交換して作業は終了です

新しいプラグをいれる際には アルミヘッドのネジ山をつぶさないように
プラグネジにはシリコングリスを塗ります
前後共に手で最初ゆっくり閉めていき最後にプラグランチで1/2ほど増締めします
力加減を前後均等するよう心がけました

lulanaIMG_3783.jpg

前側は16mmスパナで増締め 後ろはユニバーサルプラグレンチ使用
プラグをつけ終わった時点で一回エンジンスタート どうかな......?

ブロロ~ン♪ 

オオ軽やかにスタート フフいい感じ (^_^)/ 
これもイリジウムプラグ効果かな?

これにてプラグ交換作業は終了
外してあったカウル類を戻して タンクカバーとシートを取り付けて
すべての作業は完了です

lulanaIMG_3745.jpg

作業自体は正味1時間半程で完了

一般バイク&クルマのプラグ交換はタイヤに空気をいれる程カンタンなので
そのイメージで取りかかるとさすがに面食いそうですが
適切な工具さえ用意してしまえば個人でも作業は可能だと感じました

ディーラーで頼むといくらかかるか分かりませんが(聞くのがちょっと怖いハハ..)
自分でしてしまえば 特殊ツール代+プラグ2本をいれても今回の費用は4000円程かな
次回からはプラグ代2000円程で済みますね

思いのほか メンテ作業 って感じのプラグ交換ですが
これも趣味のバイクいじりと考えれば 程よく楽しい作業でした
イリジウムプラグでビューエルの調子が変わったかな? 
この後の走りが楽しみ (^_^)/

関連記事

コメント

コメント投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。